新車 自動車保険

新車 自動車保険

新車を買ったときに考えたい自動車保険の事

新車に買い替えた時は、自動車保険の変更のチャンスです。自動車保険というのは、なかなか切り替えをしないものですが、他社へ乗り換えるだけで、大幅に保険料が安くなることがあります。通常は、ディーラーの人はそういったことを言いません。なぜなら、彼らのデメリットになるし、保険の手続きの手間が増えるからです。そういった車保険の事を知らずに今までと同じままの保険にしてしまうと思いっきり損をすることがあります。


>新車購入時に一番安い保険料を無料で比較する<


自動車保険は、新車を購入したときに切り替えるのがお得でもっとも手間がかかりません。
保険料が数万円安くなるチャンスを見逃す前に、保険料を比べるのが賢いやり方です。
<新車の自動車保険>の切り替えで保険料を安くする方法

代理店にすすめられたり、付き合いという理由で保険に加入していたら注意!

インズウェブ
無料!一括見積り「インズウェブ」で、自動車保険の一括見積り。利用者が500万人を突破し、最大20社、最短5分でリアルタイムにかんたん一覧比較ができます。車の型式だけで見積もりが可能ですし、保険を節約するのならご参考ください。条件によって保険料も微妙に違ってきますのでどこの保険会社がよいかは車の装備やグレード、加入者の年齢などによって大きく異なります。

最短5分で一括見積もりが可能

車の型式だけで見積もりが可能

利用者500万人突破の実績

<新車の自動車保険>の切り替えで保険料を安くする方法
保険スクエアbang

自動車保険の見積もりが無料で取り寄せることができます。各社の自動車保険の保険料を比較もできて、ネットでそのまま契約できます。自動車保険の保険料は、年齢や車の用途によっても大きく異なりますので実際のリアルな年齢別の保険料試算結果も公開しています。

250万以上の利用実績

最大21社の中から見積もりゲット

見積もり後に1秒で保険料の試算

<新車の自動車保険>の切り替えで保険料を安くする方法

ズバット自動車保険比較
無料で自動車保険の見積もりが可能で、各社の保険料や内容を徹底比較できます。面倒な手続きがなくそのままネット契約もできる野が良いですね。

見積結果は一覧でメール

厳選21社から見積り

電話での見積もり相談あり

<新車の自動車保険>の切り替えで保険料を安くする方法


新車を買ったら自動車保険の切り替え

じどうしゃほけんは、毎月払うこともできますし、年間で一括で支払うことも可能です。たとえば、年額で一括振り込みをしていた場合で、新車に買い替えた場合、保険料はどうなるのでしょうか?

これは、そんなに心配することはありません。保険料が高くなったら差額を払う必要がありますが、保険料が安くなる場合、差額分が払い戻されます。つまり、じどうしゃほけんを見直すと保険が安くなり差額が戻ってくることがあるのです。


まずは、インターネットでじどうしゃほけんを比較してみよう。

新車をディーラーで購入すると、だいたいがディーラーで保険に入ることになります。これは、こちら側にとってあまりメリットがありません。相手は代理店なので、保険料が高くなるとその分、彼らのもうけも増えるわけです。自動車の値引きに保険料の値引きを重ねてくることがありますが、値引きをしても彼らが特になる仕組みになっています。そのまま保険に加入してしまうと、本当はもっと安く入れたはずの保険が高くなってしまいます。


新車自動車保険の比較ランキング


自動車保険は一括見積もりがお得



じどうしゃほけんの一括見積もりサービスをご存知でしょうか。ネットでお手軽に、保険料の比較ができるのです。保険料を比較して、今の保険料と比べることで、今の保険料が本当に安いかどうかがわかります。簡単に比較ができますので、一度試してみると良いでしょう。家計の節約にもつながると思います。



自動車保険新規加入

全労災のマイカー共済保険に入っています

"私は、以前東京海上火災保険の自動車保険に入っていましたが、保険料が高いので、全労災のマイカー共済保険に鞍替えしました。
やはり、全労災は損害保険会社の自動車保険に比べ、圧倒的に安いというのが魅力的でした。残念ながら、損害保険会社からの乗り換えの場合、等級の引き継ぎはなかったので、0等級からのスタートとなりました。
全労災のマイカー保険の特長は、労働者の生活を守るための保険ということを強く打ち出しているので、対人保険が無制限、また、無保険自動車との事故も無制限というところでした。
乗り換えてからすでに25年が経ち、−23等級まで上限63%引きとなり、保険料も約3万円と格安です。また、家族限定、30歳以上限定、ABS装備などで5%ずつ引いてくれます。
私は原付にも乗っているので、バイク特約にも入ることができるのも、大きな魅力です。
しかし、一昨年まで私は物損事故を起こしたことがないこと及び車両保険は高額だというイメージを持っていたので、車両保険に入っていませんでした。
これまでもぶつけていなかったので、これからもぶつけないと思っていたのです。でもそんな思い込みは、思い込みに過ぎませんでした。バックの最中電信柱にぶつけてしまい、大したことはないと思っていたのに、修理費がなんと35万円という法外な額を請求されてしまいました。そこで、猛省して、全労災の車両保険にも入ることとしました。マイカー保険と合わせても、年額7万6千円ととてもリーズナブルなものでした。
そして、早速昨年駐車場のバックで擦ってしまい、生まれて初めて保険を使うこととなりました。驚いたことに、全労災側は、私の言い分をすっかり聞いてくれ、写真を贈るだけで、後はディーラーとの手続きは一切全労災側でしていただきました。
残念ながら、等級だけは3等級戻ってしまいましたが、保険の力を初めて知った瞬間でした。大変ありがたかったです。